タグ: 和解

債務整理の流れはこんな感じです

債務整理は、専門家に依頼すると、借金の計算後、和解案を提示し、交渉にはいります。

1)     和解案の提示・交渉

引き直し計算を行った結果、算出された借入の元本から、債務者であるご本人と今後の返済期間や月々の返済額などを相談した上で和解案を作成。「借金の残高」「返済回数」「今後の利息と過去に発生した支払延滞損害金の扱い」「過払い金の有無と返済額」などを決めます。金額が多い場合は、3年を目安に返済計画を立てていきます。こうして作成した和解案を業者に提示し、提示した和解案に基づき和解交渉を重ねて確定させます。

2)     合意書の作成

和解交渉が確定すると、今後の返済期間や月々の返済額などの内容を双方が確認するための合意書を作成します。合意書は、債権者となる貸金業者と債務者となるあなたが各1通ずつ保管します。
“債務整理の流れはこんな感じです”の詳細は »

返済しても返済しても、返せないカラクリと債務整理について

債務整理を行った場合、日本信用情報機構(JICC)などといった個人信用情報機関に登録されますので、5~7年くらいは新たなローンやクレジットを組めない可能性があります。

「返しても返しても借金が減らない」
「今月の返済にも困っている」

「業者から督促の電話が会社にまでかかってくる」
あなたが、このような切羽詰まった状態だとしたら、債務整理をすることをおすすめします。
債務整理には、「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」の4つの方法がありますが、
毎月の返済額が減れば何とか返せるようなら任意整理がいいでしょう。
“返済しても返済しても、返せないカラクリと債務整理について”の詳細は »