債務整理をする判断の基準はあるのでしょうか?

債務整理というと、なんだか怖い、
良く分からないと思っている方もいるでしょう。

債務整理とは、簡単に言うと、借金の返済方法を見直す手続きです。
月10万の返済はできなくても、5万円なら払えるという方がいた場合に
月の返済額を5万円にしてもらえるように、
債権者と司法書士等の専門家が交渉する手続きです。

では、債務整理をしたほうが良いという判断基準はあるのでしょうか?
債務整理をしたほうが良い明確な判断基準はありません。

過去にご相談された方の中には
「もっと早く相談にくれば良かった。」
「まだ大丈夫だと思っていた。」
等の声を多く聞きます。

今借金があって、毎月の返済が苦しい、返済ができない場合、
返しても返しても一向に借金が減らず完済のめどが立たない。
等々、債務整理を行う基準などありませんので、
ご自身が借金に困ったと思うタイミングでご相談してみるのが一番です。

借金の問題は、時間は解決してくれません。
利息という制度がある以上、債務整理のタイミングが遅くなればなるほど
不利になることがほとんどです。
今、借金で苦しいと思う方は、一度ご相談をお勧めします。

«
 

トラックバックURL