主債務者が自己破産をした場合の保証人の責任は?

借金の返済が苦しくて、生活が出来ない。
そんなときは自己破産をして、きれいに整理する方法があります。

自己破産をした場合、自分の借金はすべてなくなります。
(ただし、税金や養育費等の一部の負債は除きます。)

しかし、自己破産した借り入れに保証人をつけている場合は、
今後、その保証人に請求がいく事になります。

自己破産の効果は、破産した本人にのみ及び、
保証人に対する責任については免除されないからです。

むしろ、こういったとき(主債務者が支払い不能になる)のために
保証人をつけているのですから保証人には、
一括での返済を要求することがほとんどです。

自己破産は、債務者に与えられた権利ですし、
貸した方も、会社であれば仕事の一部なので
そんなに強くは非難してこないでしょう。

しかし、保証人は少し違います。
保証人は、自分が借りたわけではない借金を全額払わされることになります。
保証人には、多くの場合、両親や親族が善意でなってくれています。
自己破産は避けられない事態となった場合、
保証人に対してはきちんと説明し、
理解を得た上で自己破産手続きを進めるほうがよいと思います。

その時に、絶対に保証人に、保証分の金銭を渡すことはやめましょう。
一番、理解を得られやすいですが、破産法上禁止されている行為です。

«
»
 

トラックバックURL