任意整理の大まかな流れについて

借金を整理する手続の中で、裁判所などでの法的な手続を利用しないで
債権者(お金を貸した人)と直接交渉し、利息のカットや返済方法の変更などの交渉をすることを任意整理といいます。
任意整理は、弁護士や認定司法書士などの専門家へ依頼することがほとんどですので、
債務者(お金を借りた人)は、任意整理の流れについては詳しく知らないのが現状ではないでしょうか?

そこで今回は、任意整理の大まかな流れをお話したいと思います。

①まず、任意整理の依頼を受けた弁護士や認定司法書士が受任通知を債権者に発送します。                               この時点で、債権者からの督促は止まります。

②債権者から届いた、取引履歴をもとに、債務額(借入の額)を把握します。                                          この段階で、利息制限法の制限利息(15%~20%)で計算をします。(引き直し計算といいます)

③引き直し計算された債務額をもとに、各債権者と返済方法等について交渉する。                                      債務者の現状を把握し、いくらの返済額にするか?等を決めていきます。

④債権者と債務者が合意すれば、和解します。                                                           和解書という、書面を取り交わします。

⑤和解書に定めた返済額、返済方法で返済します。                                                        基本は振込みでの返済になると思われます。

⑥和解書に定めた額の返済が終われば、借金はなくなります。
以上が大まかな任意整理の流れです。
こういった大まかな流れが分かっていると、専門家へ依頼した後も、自分が今、どの段階なのかということが分かり、
安心できるのではないでしょうか。

横浜から債務整理の情報を発信する
消費者金融の法外な利息を司法書士と一緒に軽減した人がいるのです。
www.amis-y.com/adjustment.html

«
»
 

トラックバックURL