債務整理と総量規制

総量規制とは???

・・・・・・・・・

総量規制とは、個人の借入総額が原則、年収等の3分の1までに

制限される仕組みを言います。

自分の年収の3分の1を超える借金をすることは

できなくなるということです。

また平成22年6月以前に、すでに年収の3分の1の借金が

ある場合はこれ以上の借り入れはできません。

○総量規制の対象外になるのは以下のものになります。

これらの貸付は、ほとんど担保が設定されていたり、

返済にあてられる確実な資金が明らかなものです。

このため、総量規制の対象外とされます。

住宅ローン・リフォームローン(つなぎ融資を含む)

自動車担保ローン

高額療養費の支払いのための貸付

有価証券担保ローン

不動産担保ローン

売却予定の不動産の売却代金によって返済される貸付

手形の割引

金融商品取引業者からの500万円超の貸付

投信等の解約の代金によって返済される貸付

金融業者を債権者とする金銭の貸借の媒介に係る契約

 

○総量規制

消費者金融利用者の約40%が総量規制に抵触するという統計が

発表されています。(日本貸金業協会より)

これにより総量規制が始まりますと、任意整理や過払い金

返還請求が今以上に増えると予想されます。

現在、消費者金融各社の財務状況は徐々に悪化しています。

時間が経てば経つほど、過払い金返還請求などの交渉も

取り戻しが難しくなると予想されるため、早めに弁護士・司法書士に

相談するとよいでしょう。

総量規制の目的・・・・

多重債務や身の丈以上の債務を防止すること。

(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む