債務整理の流れはこんな感じです

1)     和解案の提示・交渉

引き直し計算を行った結果、算出された借入の元本から、債務者であるご本人と今後の返済期間や月々の返済額などを相談した上で和解案を作成。「借金の残高」「返済回数」「今後の利息と過去に発生した支払延滞損害金の扱い」「過払い金の有無と返済額」などを決めます。金額が多い場合は、3年を目安に返済計画を立てていきます。こうして作成した和解案を業者に提示し、提示した和解案に基づき和解交渉を重ねて確定させます。

2)     合意書の作成

和解交渉が確定すると、今後の返済期間や月々の返済額などの内容を双方が確認するための合意書を作成します。合意書は、債権者となる貸金業者と債務者となるあなたが各1通ずつ保管します。

3)     支払開始

合意書で交わした内容に基づき、業者が指定する口座へ毎月の返済を開始します。尚、複数の業者への返済がある場合、代理人に一括して振り込むことで、代理人が各業者の指定口座に振り込むことも可能です。

4)     借金の完済

合意書で交わした内容の通りに返済を完了すれば、借金はすべて完済したこととなり、任意整理の手続きが終了となります。

代理人を頼まずにご自分で業者と交渉をする方の多くは、代理人への手数料が支払えない、勿体ないと考えているようです。確かに、ご自身で交渉を行えば手数料はかかりませんので、金銭的な部分ではメリットが大きいでしょう。

ただし、交渉がスムーズに進むことは難しく、取引履歴の開示すら応じようとしなかったり、途中からの履歴しか出さなかったりする業者もいますので、この時点で難航することも多いようです。さらに、個人で交渉を行った場合、一番ネックとなるのは、強引な取り立てがすぐにはストップしないという点です。弁護士や認定司法書士を代理人とした場合、受任通知を受け取った債権者(貸金業者)は、以後、法律上で「取立て・督促」を禁止されていますので、業者もやむなくストップするわけです。

横浜で債務整理の相談を出来る人がいます
また、代理人に依頼し和解が成立するまでの期間は、4カ月ほどが目安となります。この期間は、毎月の返済がストップしますので、その分のお金を生活の立て直しに使うことができるのも、代理人に依頼するメリットと言えます。
www.amis-y.com

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む